0
0

革新的なテクノロジーと研究開発

高性能な統合の実践

選んでください

技術

可視センサーと熱センサーを融合したカメラ

可視スペクトルと温度スペクトルを融合することで熱検知用の新しい外観メソッドを開発

マイクロボロメーターは、物体から放射される長波長の赤外線(LWIR)を感知することで表面温度を測定します。LWIRは目に見えない電磁放射線で、温度分布を観測するためには、感知したLWIRをサーマルマップに再マッピングする必要があります。しかしながら、サーマルマップの品質は、マイクロボロメーターの感度に左右されます。高感度のマイクロボロメーターは非常に高価なため、コンシューマーグッズや家庭用品の市場に適用することは非常に困難です。

熱検知の応用分野を広げるために、当社では適切な可視カメラとエントリーレベルのマイクロボロメーターを組み合わせました。可視カメラは、サーモグラムの品質を向上させるだけでなく、画像処理アルゴリズムにより、様々な分野での熱検知を容易にしてくれます。

可視センサーと熱センサーを融合したカメラのメリットとしては次が挙げられます。

  • 1.可視化されたわかりやすい熱検知
  • 2.コスト効率性
  • 3.アルゴリズム開発により、様々な分野への応用が容易
    オブジェクトの検出と追跡 熱源の検出と追跡

マイクロ分光計

分光計は光のスペクトル曲線を解析することができるため、AI解析による様々な検出が可能です。従来の分光器と比較して、本製品には小型化、シンプルな構造、半値全幅(FWHM)の向上などのメリットがあります。

このマイクロ分光器は特殊な結晶設計を採用することで、さまざまな波長で干渉画像を生成します。関連情報はモノクロカメラで撮影することができ、最終的に干渉画像を復元して、特殊な解析アルゴリズムで分光分布曲線を生成することができます。この特殊な結晶設計により、分光器のサイズを従来のデスクトップ型から携帯電話の中に収まるサイズにすることが可能になり、コストも大幅に削減できます。


ご質問はありますか?

私たちにお任せください。解決いたします。

サービス

ご連絡ください。こちらでサポートいたします。

製品についてのお問い合わせ

見積もりはこちら

応募する

表面エネルギー開発にともに取り組みませんか